“映り込み“は都市景観を専門にしている私ならずともあらゆる写真家にとって重要な作品的要素ではないだろうか?私は街の中ではいつも映り込みや反射を求め、それらをいかに構図に盛り込むことができるかを意識している。映り込みや反射はありふれた被写体に面白みをあたえ、撮り尽くされた有名ランドマークに新たな視点を与えることができる。是非とも被写体の周りを良く観察して人とは一味違った写真を撮ってみようではないか。

それでは映り込みが良くみられるのはどんなところだろうか?

1.窓(もしくはガラス)

街の中に窓はあちらこちらにある。ビルがあればそこには窓があるわけだ。良く磨かれた窓はまるで鏡のようだ。

Black Mirror by Yoshihiko Wada on 500px.com
[ BLACK MIRROR]
Fukoku-seimei building, Osaka, Japan
Nikon D800E, AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
16stops(10stops+6stops) 300seconds exposure.
165mm Firecrest ND for with Lucroit 165mm system for ultra-wide lenses

複数の窓により、通りの向こう側にあるビルが抽象的なパターンを作っていて面白い。富国生命ビルは建物それ自体も特徴的だが窓の映り込みによってその特徴的な構造が一段と引き立ってみえる。

Black Glass by Yoshihiko Wada on 500px.com
[BLACK GLASS]
Fukoku-seimei building, Osaka, Japan
D7000,AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
Firecrest 16 Filter (77mm), 200 seconds exposure
デザイン性が高く多くの窓ガラスを使用しているビルディングは撮影者の想像力を刺激する。三脚を立てるまえに最適な構図になるよう良く観察しよう。

シンメトリー:

完璧なシンメトリーになる場所を探そう。窓ガラス付近でシンメトリー構図を捉えるコツは窓にできるだけ近づくことだ。「この反射いいな!」と思ったら、そこからさらに一歩窓の方に近づいてみることだ。

Twilight Mirror by Yoshihiko Wada on 500px.com
Twilight Mirror,D600,AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR,No Filter

From the Observation floor, Umeda Sky building , 梅田スカイビル展望デッキからの夕景。レンズをガラスにピッタリとつけての手持ち撮影。

ATTACK ON HARUCAS by Yoshihiko Wada on 500px.com
ATTACK ON HARUCAS

良く見ると左のビルの三基あるエレベーターの窓ガラスに向かいのビル(近鉄ハルカス)が映りこんでいる。

この映り込みがあるのとないのでは、作品の印象はがらっと変わるだろう。

 

S.O.D sense of dimension:Ⅰ by Yoshihiko Wada on 500px.com
S.O.D. SENSE OF DIMENSION Ⅰ

東京国際フォーラム。ここの映り込みはあまりにも有名。ピカピカに磨き上げられたガラスによって、写真を天地逆にしても成立してしまう所がすごい。

S.O.D sense of dimension:Ⅲ by Yoshihiko Wada on 500px.com
S.O.D. SENSE OF DIMENSION Ⅲ

上とほぼ同じ場所だが左右のボリュームが同じぐらいになるよう構図を調整。実際撮影時は縦構図だったが、撮影後、横構図にしたら宇宙船内部みたいで面白かったので、こちらを採用。

 

2.壁

ある種の壁はガラスと同じように光を反射する。壁の持つ独特な風合いがガラスとはまた違った面白い反射をするのが興味深い。

TRANSCENDENCE by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Transcendence]Nikon D600
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
Firecrest 16 Filters, 300seconds exposure.
サンフランシスコの有名なランドマークのトランスアメリカピラミッド。あまりにも個性的なその姿をただ撮影してもつまらない。左のビルの映り込みは一部分だけだが、写真に立体的な深みを与えている。

 

Distorted Reality by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Distorted Reality]Nikon D800E, AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED,
16stops(10stops+6stops) 300seconds exposure,
165mm Firecrest ND for with Lucroit 165mm system for ultra-wide lenses
一瞬ガラスのように見えるが実はこれは壁への映り込み。うっすらと見える独特な壁の素材感が面白い。

3. 水(面)

水面への映り込みは美しく私のお気に入りだ。湖、川、海、そして水たまりなどが代表的なものだろう。
長時間露光で水面のさざ波を完全にフラットにして映り込みを強調、美しくすることができる。

Between The Eternity by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Between the Eternity]Nikon D800E
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED
Firecrest 16 Filters, 180seconds exposure.

3分の日中の長時間露光で水面を完全なフラットにし、雲の動きを出すことで静と動の対比を生む。 

 

Alone in the Darkness by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Alone in the Darkness]神戸・会下山トンネル, Egeyama-tunnel, Koube, Japan

すでに本来の役目を終えてひっそりとたたずむ神戸にある地下水路、会下山トンネル。定期的に音楽ライブ、また年に一回は一般公開されている。

 日本庭園:

伝統的な日本庭園は緻密にデザインされており、弁天堂の池への映り込みは偶然の産物ではない。
これは一昨年の京都醍醐寺のライトアップの際の撮影。実はこれ、PC-E 24mm レンズのシフト機能を利用して、上下二枚を別々に撮影。その後PCでパノラマ合成している。

R-EDEN_.45jpg
[R-EDEN]京都,醍醐寺
広告

無題

皆さん、作品のタイトルちゃんと考える方ですか?

私はかなり真剣に考える方です。

なぜならタイトルは作品の一部です。その作品を表すぴったりのタイトルがあってこそ作品の完成といえるのではないでしょうか。

無題(UNTITLED) は ダメ?

 

「無題」とすることで 写真を見た人に対して

「この作品の意味はどうぞ自由に考えてね」

という考えのもとに、「UNTITLED」にしている方もいると思います。

ただ、そうではなく単に良いタイトルが思い浮かばずに「無題」としている写真も多いのではないかと思います。

タイトルで変わる写真の印象

写真はタイトルによって印象がガラッと変わることがよくありますね。

たとえば、こちらの写真。題材はシンプルなのでいろんなタイトルがつけられると思います。

20140814-_DSC4799
「無題」 D600, 28mm, f10, 183秒

まず「岩」はどうでしょう?

きっとこう思いますね“見ればわかるし・・・・”

「岩」と言われても、そこから何も思いが広がっていきませんよね。

では「鼻」 はどうでしょう?

“「鼻」ねえ・・。そう言われるとそう見えるような・・” あなたはだんだんあの岩が鼻に見えてきました。(笑)

ではもっと観念的な題はどうでしょう?

「孤独」 「時間」 「静けさ」 「無限」 などなど。

画がシンプルなだけに、様々な見方が出来ますね。

考えを導く

たとえばこの写真のタイトルを「孤独」とした場合、写真を見た人は「どの辺が、“孤独”でどのあたりが“時間”なのかな?」と作者の物の見方をなぞろうとします。それが作者と受けての「共感」を生むことになるのではないでしょうか。

良いタイトルをつけるこつ

あったら教えて欲しい!(笑)

私の場合、タイトルは全て英語にしています。 英語の響きが好きなのと、作品の発表の場を海外メインにしているのが主な理由です。ただビタッ!と決まる英語のタイトルをつけるのは難しいですね。

難しい表現は使わずに(使えない?)なるべくシンプルに、短い言葉を組み合わせるようにしています。

Soak in Marshall by Yoshihiko Wada on 500px.com
Soak in Marshall: マーシャルビーチはゴールデンゲートブリッジと海岸を組み合わせて撮影できる定番スポットです。この構図で撮影するためにha膝から下を冷たい海水にさらす必要がありました。(Soak in~に浸る)

類義語を活用

そんな私がよく使うのは英語の類語検索です。

綺麗な夕日の写真でよく、「SUNSET」、とか「SUNRISE」とか、直球なタイトルが結構ありますね。
まあど真ん中タイトルも時には良いですが、ちょっと捻りをいれたいとき、そんな時は類義語検索してみましょう。

Sunsetの類義語として以下のようなものがあります。

“Twilight” “nightfall” などは”sunset” とほぼ同義語ですが、Sunsetよりは少し洒落てますね。
そこに何か簡単な言葉を追加して”The last twilight”, ” Twilight to the night”, “Night fall at Tokyo”

など、簡単な形容詞や、場所などを組み合わせると雰囲気が出るのではないでしょうか?

この方法は日本語や他の言語でも使えますね。

映画や曲のタイトルから拝借

幸運なことに「題名」には著作権はないんです。

ですから自由に好きな映画、本や曲のタイトルから拝借することが可能です。

ただあまり有名なタイトルは、それだけに皆知っているので使うときは注意が必要です。

写真がそのタイトルにマッチしているか良く考えてください。

私のお勧めは、そのままタイトルを拝借するのではなくて、ちょっとアレンジしてみることです。

20160106-Evil_Red_0623_finishing
EVIL RED

こちらの写真は”EVIL DEAD(邦題:死霊のはらわた)”から DEADをREDに変えました。韻も同じだし、 邪悪な雰囲気と、セレクティブカラーの赤が上手く表現できた良いタイトルではないでしょうか?(自画自賛)


たまに、写真はすごく良いのに「UNTITLED (無題)」な作品を見ると、「おしいな~」って思ってしまいます。

なぜなら、作者だけがその作品にタイトルをつける権利があるのですから。「無題」とすることでその権利を放棄しているように思えます。どこに自分の娘や息子に「名無しの権兵衛」と名付ける親がいるでしょうか?

自ら生み出した作品はの自分の子と同じです。素敵な名前をつけることでその作品により一層愛着がわくでしょう。

愛せよ、さらば汝も愛されん。

BetweentheEternity
Between the Eternity ~永遠の狭間で~

 

大阪富国生命ビルディング

大阪富国生命ビル:大阪でフォトジェニックなビルといえばここ!

Photograph EDGE OF MIRRORS by Yoshihiko Wada on 500px

EDGE OF MIRRORS by Yoshihiko Wada on 500px
D800E,AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR,
60sec at f/10, iso100,16mm

大阪富国生命ビルは大阪の中心部にあり、その奇抜なデザインが非常に特徴的なオフィスビル。デザインはフランス人建築家のドミニク・ペロー氏。代表作にフランス国立図書館があります。D800発売時にサンプル画像として出ていたのを覚えている方も多いのではないかと思います。

富国生命ビル
NIKON COOLPIX P340 1/640 sec at f6.3, iso 80, (8.6mm)

 

富国生命ビルディング
D7000/NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED 1/90sec at f5.6, ISO200 24mm

この周囲のビルのガラスへの映り込みこそこのビルディングの特徴ですね。

富国生命ビル&阪急梅田
NIKON D800E, AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 1/400 sec at f5.6, ISO100
向かいの高層ビルは阪急梅田。この構図結構気に入ってます。
Silver Efex Pro
D800E,AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR,
1/1250 sec at f/4,ISO200,
Silver Efex Pro
硬質で直線的なビルと柔らかな動きの雲とのコントラストはモノクロで一層引き立ちます。

夜はまたライトアップで違った表情を見せます。このライト、時間によって光の色が変化していきます。

富国生命ビル
D800E/NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, 2sec at f/8.0,ISO200, 24mm

すぐ近くにはHEP-NAVIOのモアイのようなビルがあります。

夜の富国生命いビル
D800E, NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

建物の中はとてもさわやかな印象。森林をイメージしているそうです。

富国生命ビル 室内
COOLPIX P340
COOLPIX P340
COOLPIX P340 流石にビルの中は三脚は自粛して、コンデジでの撮影です。
Long exsposure
長時間露光中。 COOLPIX A with Firecrest ND 4.8 (16 Stops)人の目がきになる市街地はこれぐらいコンパクトなシステムだと 気兼ねなく撮影できますね。
Firecrest ND 4.8 (16 Stops)
coolpix a with Firecrest ND 4.8 (16 Stops) 196sec. at f/11, ISO100
このフィルター、5分の長時間露光でもカラーキャストがほとんど発生しないというすぐれもの。
アメリカのAmazon
などでたまに安売りしていることもあります。
日本にも発送可能なので興味のある方はチェックしてみてださい。

とってもフォトジェニックな富国生命ビル、日中の長時間露光えお狙うなら午前中がお勧めですが、意昼時もガラスへの映り込みが綺麗なので日中通して撮影が楽しめます。大阪へいらしたときは是非お立ち寄りください。