“映り込み“は都市景観を専門にしている私ならずともあらゆる写真家にとって重要な作品的要素ではないだろうか?私は街の中ではいつも映り込みや反射を求め、それらをいかに構図に盛り込むことができるかを意識している。映り込みや反射はありふれた被写体に面白みをあたえ、撮り尽くされた有名ランドマークに新たな視点を与えることができる。是非とも被写体の周りを良く観察して人とは一味違った写真を撮ってみようではないか。

それでは映り込みが良くみられるのはどんなところだろうか?

1.窓(もしくはガラス)

街の中に窓はあちらこちらにある。ビルがあればそこには窓があるわけだ。良く磨かれた窓はまるで鏡のようだ。

Black Mirror by Yoshihiko Wada on 500px.com
[ BLACK MIRROR]
Fukoku-seimei building, Osaka, Japan
Nikon D800E, AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
16stops(10stops+6stops) 300seconds exposure.
165mm Firecrest ND for with Lucroit 165mm system for ultra-wide lenses

複数の窓により、通りの向こう側にあるビルが抽象的なパターンを作っていて面白い。富国生命ビルは建物それ自体も特徴的だが窓の映り込みによってその特徴的な構造が一段と引き立ってみえる。

Black Glass by Yoshihiko Wada on 500px.com
[BLACK GLASS]
Fukoku-seimei building, Osaka, Japan
D7000,AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
Firecrest 16 Filter (77mm), 200 seconds exposure
デザイン性が高く多くの窓ガラスを使用しているビルディングは撮影者の想像力を刺激する。三脚を立てるまえに最適な構図になるよう良く観察しよう。

シンメトリー:

完璧なシンメトリーになる場所を探そう。窓ガラス付近でシンメトリー構図を捉えるコツは窓にできるだけ近づくことだ。「この反射いいな!」と思ったら、そこからさらに一歩窓の方に近づいてみることだ。

Twilight Mirror by Yoshihiko Wada on 500px.com
Twilight Mirror,D600,AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR,No Filter

From the Observation floor, Umeda Sky building , 梅田スカイビル展望デッキからの夕景。レンズをガラスにピッタリとつけての手持ち撮影。

ATTACK ON HARUCAS by Yoshihiko Wada on 500px.com
ATTACK ON HARUCAS

良く見ると左のビルの三基あるエレベーターの窓ガラスに向かいのビル(近鉄ハルカス)が映りこんでいる。

この映り込みがあるのとないのでは、作品の印象はがらっと変わるだろう。

 

S.O.D sense of dimension:Ⅰ by Yoshihiko Wada on 500px.com
S.O.D. SENSE OF DIMENSION Ⅰ

東京国際フォーラム。ここの映り込みはあまりにも有名。ピカピカに磨き上げられたガラスによって、写真を天地逆にしても成立してしまう所がすごい。

S.O.D sense of dimension:Ⅲ by Yoshihiko Wada on 500px.com
S.O.D. SENSE OF DIMENSION Ⅲ

上とほぼ同じ場所だが左右のボリュームが同じぐらいになるよう構図を調整。実際撮影時は縦構図だったが、撮影後、横構図にしたら宇宙船内部みたいで面白かったので、こちらを採用。

 

2.壁

ある種の壁はガラスと同じように光を反射する。壁の持つ独特な風合いがガラスとはまた違った面白い反射をするのが興味深い。

TRANSCENDENCE by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Transcendence]Nikon D600
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
Firecrest 16 Filters, 300seconds exposure.
サンフランシスコの有名なランドマークのトランスアメリカピラミッド。あまりにも個性的なその姿をただ撮影してもつまらない。左のビルの映り込みは一部分だけだが、写真に立体的な深みを与えている。

 

Distorted Reality by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Distorted Reality]Nikon D800E, AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED,
16stops(10stops+6stops) 300seconds exposure,
165mm Firecrest ND for with Lucroit 165mm system for ultra-wide lenses
一瞬ガラスのように見えるが実はこれは壁への映り込み。うっすらと見える独特な壁の素材感が面白い。

3. 水(面)

水面への映り込みは美しく私のお気に入りだ。湖、川、海、そして水たまりなどが代表的なものだろう。
長時間露光で水面のさざ波を完全にフラットにして映り込みを強調、美しくすることができる。

Between The Eternity by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Between the Eternity]Nikon D800E
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED
Firecrest 16 Filters, 180seconds exposure.

3分の日中の長時間露光で水面を完全なフラットにし、雲の動きを出すことで静と動の対比を生む。 

 

Alone in the Darkness by Yoshihiko Wada on 500px.com
[Alone in the Darkness]神戸・会下山トンネル, Egeyama-tunnel, Koube, Japan

すでに本来の役目を終えてひっそりとたたずむ神戸にある地下水路、会下山トンネル。定期的に音楽ライブ、また年に一回は一般公開されている。

 日本庭園:

伝統的な日本庭園は緻密にデザインされており、弁天堂の池への映り込みは偶然の産物ではない。
これは一昨年の京都醍醐寺のライトアップの際の撮影。実はこれ、PC-E 24mm レンズのシフト機能を利用して、上下二枚を別々に撮影。その後PCでパノラマ合成している。

R-EDEN_.45jpg
[R-EDEN]京都,醍醐寺
広告